不動産

収益物件でファイナンスの世界に飛び込む|最新の不動産情報

上手に資産形成しよう

マンション

有利な戦略を取ろう

中古マンション等で不動産投資をしている人の中には、まとまったお金が用意できた度に繰上げ返済を行い、ローン残高を減らしていくという戦略を取っている人もいます。これはとても有効な手段です。なぜならば、ローンを完済してしまえば家賃収入から経費を差し引いた残りが手元に残り、新たな中古マンション購入資金となったり、他の投資商品を購入するための軍資金となるからです。中古マンションをローンを組んで購入し、ある程度まとまったお金ができたら、繰上げ返済をしていくということは、ある時点で資産形成のスピードを加速させることは間違いありません。しかし、まとまったお金をローンの繰上げ返済に充てるのではなく、もう一歩踏み込んだ利用を考えることで、資産形成のスピードをさらに加速できます。

金利と利回りを確認しよう

それは上場不動産投資信託への投資です。但し、繰上げ返済に回さず、上場不動産投資信託の購入に充てるという戦略を取る際に、1つ重要な前提があります。上場不動産投資信託の分配金利回りが中古マンションを購入する際に利用したローン金利を上回っているということです。例えば、上場不動産投資信託の分配金利回りが5%、ローン金利が2%であれば、繰上げ返済をせずに上場不動産投資信託を購入した方が運用効率が良いということになります。しかも、ローンを繰上げ返済する時の手数料や新たにローンを組む際の登記費用などを考えると、その差はさらに大きなものとなります。繰上げ返済するか上場不動産投資信託への投資するかは、その時の利回り状況を考慮して決めると良いです。